2020.04.02

【木村和久連載】紙媒体とWeb。
ゴルフメディアの実情を探ってみる

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第249回

 このコラムは、インターネットを通じて、パソコンやスマホなどのデバイスで読むことができます。読みたい人は、無料で何度も読めて、面白かったら拡散して、何万人もが目にすることができます。

 一方、書店やコンビニなどに並ぶゴルフ雑誌、いわゆる旧来の紙メディアにも、私は25年も前から連載を持っており、今でも毎週、せっせとコラムを書いております。けど、そのコラムについては、雑誌を購入された方しか読むことができません。

 最近、雑誌には立ち読み防止テープを貼られていることが多く、"タダ読み"も難しい状況です。格安でなら、NTTドコモの『dマガジン』のようなツールで読むことができますが、広く世間に知らしめるという意味では、無料のネット記事にはかないません。

「じゃあ、全部ネットで書けばいいじゃん」という意見もありますが、そういうことではないんですよね。TPOと言いますか、紙媒体には紙媒体のよさがあります。

 読んでくださる方は、数百円のお金を払ってくださる。情報フリーの時代、ありがたいことじゃないですか。

 読者はお金を払う分、その分野のことを詳しく知りたいわけです。だから、こっちも深く掘り下げたことや、ネットでは書けないこと、書きにくいようなことを、思う存分書けるのです。

 そんなわけで今回は、紙媒体とWebメディアにおける、それぞれのメリット、デメリット、さらには各々の特性などを考察してみたいと思います。