2020.01.15

崖っぷちだったセクシークイーン。
アン・シネがひたむきプレーで得た居場所

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 アン・シネ(29歳/韓国)の本気度が伝わってくる瞬間だった。

 昨年末に行なわれた日本女子ツアーのクォリファイングトーナメント(QT)のファイナルステージ(12月3日~6日/埼玉県)において、アン・シネは最終日を「70」で回って、通算イーブンパーの25位でフィニッシュ。今季ツアーにおける第1回リランキング(7月末)までの出場権を手にしたのだ。

「とにかく、試合が終わるまで順位がわからなかったのですが、来年(2020年)は、ツアー前半戦の試合にはほぼ出られるということなので、すごくうれしいです!」

 自らの手でようやく勝ち取った日本ツアー出場権。QTを終えた直後、アン・シネは素直にその喜びを爆発させた。

QT25位となって、今季前半戦の出場権を得たアン・シネ 韓国の"セクシークイーン"がやってくる――。

 そんなニュースによって、日本の女子ゴルフ界を賑わせたのは、2017年。タイトなウエアとミニスカートで男性ファンを魅了し、連日メディアを騒がせたのは、もう3年も前のことだ。

 当時は、週刊誌などのグラビアを飾り、写真集まで発売された。さらに、Yahoo!検索大賞 アスリート部門賞を受賞し、テレビのバラエティー番組にも数多く出演した。

 その際、彼女のゴルフに関して語られることはほとんどなかったが、アン・シネは「(女子プロゴルファーとして)プレーだけでなく、外見にも気を配り、"魅せる"こともプロフェッショナルの仕事」と強調し、嫌な顔を見せることはなかった。

 そうした状況のなか、彼女は日本でプレーすることにこだわった。韓国ツアーのシードを持たなかったこともあるが、彼女が選択したのは、母国ではなく、異国の地でのプレーだった。

 しかし、2017年シーズンは主催者推薦を含めて14試合に出場したが、シード獲得はならなかった。同年のQTも振るわず、翌2018年シーズンには、レギュラーツアー出場はわずか6試合にとどまった。

 その結果、シード獲得も叶わなかったが、同年のQTでは51位となり、2019年シーズンは21試合に出場した。ただ、その2019年シーズンも、ニッポンハムレディスの13位タイが最高位。予選落ち11試合(棄権1試合もあり)と、アン・シネがプレーで脚光を浴びることはなかった。