2019.02.07

【木村和久連載】ゴルフにも
「ホーム」と「アウェー」ってあるの?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第191回

 サッカーの試合では、ホームが有利で、アウェーが不利と言われていますが、ゴルフの場合はどうでしょう。

 プロのトーナメントの世界では、本国と海外とか、地元の県や州とそれ以外とかに分けることができますが、ホームコースすら持っていないアマチュアゴルファーにとっては、どこが”ホーム”なのか、見当すらつきません。平均的なアマチュアゴルファーは、すべてのコースが”アウェー”という気がします。

 ともあれ、プロの世界の話から、そういう身近なレベルの話まで、ゴルフにおける”ホーム”と”アウェー”について考察してみたいと思います。

 まずは、一番高いレベルからです。

 トーナメントプロの世界、それも海外に遠征しているプロとなれば、当然本国のコースがホームとなります。日本人選手の場合、日本国内のコースがホームで、アメリカやイギリスなど海外のコースはアウェーです。

 日本で、ホームの地の利を使って勝ちまくった選手と言えば、ジャンボ尾崎選手です。賞金王12回、通算113勝。そのうち、国内での勝利が112勝です。

 一方、海外では振るわず、メジャー大会(マスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロ)においては、全米オープンの6位というのが最高成績。ベスト10入りは、わずか3回しかありません。

「内弁慶」と言われても仕方のない成績ですが、それでも世界ゴルフ殿堂入りを果たしていますし、通算113勝は誰にも破られていない記録として、称賛されています。

 日本ゴルフツアーにおいても、ジャンボ尾崎選手は通算94勝を挙げて、歴代最多勝記録を保持しています。PGAツアーの最多勝が、サム・スニードの通算82勝、次いでタイガー・ウッズの通算80勝ですから、いかにジャンボ尾崎選手が素晴らしい実績を残しているかがわかります。