2019.02.06

得意舞台で15位も上昇気配。
松山英樹「次からの試合がすごく大事」

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

 前週のファーマーズインシュランスオープンで久しぶりにトップ3フィニッシュを決めた松山英樹が、ウェイストマネジメント・フェニクスオープン(1月31日~2月3日/アリゾナ州)に出場した。

 昨年こそ、左手を負傷して途中棄権となったものの、過去に2度の優勝(2016年、2017年)を飾って、残り2回もベスト5フィニッシュ(2014年=4位タイ、2015年=2位タイ)を決めている得意舞台ということもあって、戦前はおよそ1年半ぶりとなるツアー優勝への期待が膨らんでいた。

 しかし、結果は通算9アンダー、15位タイに終わった。さすが相性のいいコースだけあって、4日間すべてアンダーパーで回ったものの、爆発的なスコアが生まれる日がなく、優勝争いを演じるまでには至らなかった。

フェニックスオープンでは15位タイでフィニッシュした松山英樹。photo by Getty Images「何もいいところがなかった」という初日は、前半で3つのバーディーを奪ったが、後半はスコアを伸ばせず、トータル3アンダー、27位タイ発進となった。

「(不満なのは?)ぜんぶです。アイアンもぜんぜんダメですね。トップが7アンダーですから、(3アンダーという結果にも)とくに何もないです。(「73」と崩れた)先週の3日目みたいに、まったくアジャストできないというか、その原因が何なのかもわからないので……。明日もどうなるか心配ですね」