2019.02.14

【木村和久連載】オイシイことがいっぱい。
ゴルフトーナメント観戦術

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第192回

 おおよそどのスポーツでも、試合を観戦するとなれば、現場で見るよりも、テレビのほうが詳しく見られますよね。いろんな角度からズームでオンエアされますから、選手の表情も手に取るようにわかります。

 それは十分にわかっているのですが、やはり試合会場に行って”生”の臨場感を味わいたいし、応援席などから現場にいるファンやサポーター、ギャラリーと一体になって声援を送りたい――そう思って、多くのファンが会場に足を運ぶのです。

 昔、鈴鹿サーキットで開催されたF1日本グランプリを見に行きましたが、直線コースなんか”ヒュン!”とコンマ何秒かの世界でマシンが突っ走っていきます。だから、現場のスタンドで見ていると、今のは「セナ? マンセル? 誰?」といった具合で、個体認識なんかまったくできません。

 けど、すごく興奮します。なにせ、会場近くにたどり着くと、あの甲高いエキゾーストノート(排気管から出る音)が爆音として聞こえてくるんです。それだけでもう、居ても立ってもいられなくなり、ドドドッ~と会場へ小走りになってしまいます。

 というわけで今回は、大いに臨場感を味わえるゴルフ観戦とはどういったものか、というのを綴っていきたいと思います。

 まずはてっぺん、最高レベルの話から。

 ゴルフ観戦のVIP席はどうなっているのでしょうか。

 たいがい18番ホールのグリーン傍らとか、胸に金色のタグをぶら下げた人しか入れないエリアがあります。スタジアム形式の観客席なら、テントがあるような一番前の席ですか。そこにVIPの招待客を座らせる、これがお約束となっています。

 あと、高級時計メーカーや大手自動車メーカーなどがスポンサーブースを出展し、その2階部分などにVIP席を設けて、シャンパンを飲みながら観戦できるとか、そういうこともやっています。