2018.11.08

【木村和久連載】ノーベル賞受賞の
本庶佑教授に倣う、ゴルフ道の極み

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • photo by Kyodo News

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第178回

 本庶佑(ほんじょ・たすく)教授、ノーベル賞受賞、おめでとうございます。

 先日、ノーベル医学生理学賞を受賞した京都大学特別教授の本庶先生。その受賞会見において、記者から次に何をしたいか? と聞かれて、「ゴルフのエージシュートを達成したい」と語っていたのが印象的でした。

 本庶教授は、現在76歳。ベストスコアは「78」ということなので、このまま健康でゴルフをやり続けていけば、まもなく達成できるような気がします。

 それにしても、ノーベル賞の次に欲しいのが、エージシュートというのは、恐れ入りました。比較するのも何ですが、どっちが欲しいかと言われたら、迷わずノーベル賞ですよね。

 本庶教授は、週1回ほど京都のコースでラウンドしており、練習も熱心にやられているとか。特に、パターと筋トレは欠かさないそうです。

 というわけで、ノーベル賞受賞者も欲しがるエージシュートについて、少し述べてみたいと思います。

 エージシュートは、自らのラウンドスコアが年齢と一緒、もしくは下回ること、とされています。そして一般的には、全長6000ヤード以上のコースで、という決まりがあります。

 とすると、全長6000ヤードに満たないシニアティーでラウンドをして達成した場合は、どうなるのでしょうか? “未公認エージシュート”といった感じですかね。

 エージシュートには史上最年少記録というのがあって、1975年、アメリカのプロゴルファー、ボブ・ハミルトンが59歳で「59」のスコアを出したのが、最少とされています。