2018.11.09

ゴルフをやめた才能豊かな姉の代わりに。
プロ2年目、松田鈴英の覚悟

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 プロ2年目の松田鈴英(まつだ・れい/20歳)が好調だ。

 ツアー初勝利こそ手にしていないものの、3度の3位を含めてトップ10入りが7回。獲得賞金は5000万円を超えて、賞金ランキング15位につけている(11月8日現在)。

 初の賞金シードを確定させ、目標としていた最終戦のLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ出場()も、ほぼ手中に収めた。
※同大会の出場資格は、今季ツアー優勝者や賞金ランキング上位25名など

 優勝争いを経験して着実に力をつけ、初の栄冠獲得もまもなくと見られる松田。先のNOBUTA GROUP マスターズGCレディース(10月18日~21日/兵庫県)でも最終日、勝ったアン・ソンジュに一時、1打差まで迫った。

 しかし、終盤に崩れて4位タイでフィニッシュ。ホールアウト後は、思わず涙がこぼれた。悔しさで涙するのは、それだけ優勝への思いが強い証拠。これを糧にしてまた一歩、初勝利へと近づいたのではないだろうか。

女子ゴルフ界期待の新鋭、松田鈴英 松田は2017年、2度目のプロテストでトップ合格を決めた。そのため、昨季は8月の北海道 meijiカップ以降の後半戦にフル出場することができた。

 ただ、いきなりのトップツアー参戦で、当初は初めてプレーするコースに戸惑い、プロツアーの環境に慣れることに精一杯で、予選落ちが続いた。結局、14試合に出場して、予選通過はわずか4試合と、プロの洗礼を浴びた。