2018.11.13

PGAツアーへの新たな道を切り開いた、
新鋭・小斉平優和の挑戦

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 20歳の新鋭・小斉平優和(こさいひら・ゆうわ)が、PGAツアー・チャイナシリーズ(PGAツアーの3部ツアー)で賞金ランキング4位となって、PGAツアーの下部ツアーとなるウェブ・ドット・コムツアーの来季の出場権を獲得した。

 このPGAツアー・チャイナシリーズは、PGAツアーが掲げる”世界ツアー戦略”の一環。前コミッショナーのティム・フィンチェム氏の時代から目指してきた「ゴルフのグローバル化」は、現コミッショナーのジェイ・モナハン氏にもしっかりと引き継がれていて、同シリーズは「(PGAツアーは)アメリカ一極集中ではなく、そこを目指す選手たちが世界中から集まれるツアーにする」という構想のひとつで、事は着々と進んでいるようだ。

 PGAツアーを頂点とし、その2部的な役割として1990年に下部ツアーのウェブ・ドット・コムツアーがスタート。同ツアーは年間27大会(2019年)が開催され、PGAツアーへの登竜門として、その存在は広く知られるようになった。

 PGAツアー参戦には、松山英樹や石川遼のように、メジャー大会やWGC(世界選手権シリーズ)で上位に入ってスペシャル・テンポラリーメンバー(特別一時会員)となり、そこからツアーカードを得ることもできるが、そうした”エリート街道”を進むことができる選手は稀(まれ)だ。

 PGAが、下部ツアーでツアープレーヤーとしての経験を積むことを推奨し、最終予選会(QT=クォリファイングトーナメント)から直接PGAツアーの出場権を得られる道を廃止した2013年以降は、いわゆる2部のウェブ・ドット・コムツアーを経由することが一般的。同ツアーで結果を残して、やっとPGAツアーへの道が開かれる。

 そして、そのウェブ・ドット・コムツアーへの道として、数年前に設立されたのが3部ツアー。先述のチャイナシリーズ、カナダのマッケンジーツアー、南米のPGAツアー・ラテンアメリカがそれに当たり、世界中からPGAツアーを目指す筋道が確立されている。