2018.08.14

今季メジャーは苦悩の連続も、
松山英樹が最後に見せた微かな「らしさ」

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

 今季メジャーの最終戦となる全米プロ選手権(8月9日~12日)がミズーリ州のベルリーブCCで行なわれた。有力どころが顔をそろえた熾烈な優勝争いを制したのは、6月の全米オープンで連覇を遂げたブルックス・ケプカ(アメリカ)。今季メジャーで2勝を挙げて、世界ランキングは自身最高の2位まで浮上した。

 そのケプカらを追って大観衆をもっとも沸かせたのは、タイガー・ウッズ(アメリカ)だった。序盤からバーディーを重ねて、前半を終えた時点ではトップと1打差まで迫った。

 最終的には、通算16アンダーまで伸ばしたケプカには2打及ばなかったものの、単独2位でフィニッシュ。6位タイで終えた全英オープンに続いて、メジャー大会で優勝争いに加わり、”完全復活”が間近であることをあらためて示した。その姿を見た世界中のファンが、今後への期待を一層膨らませたのではないだろうか。

 一方、注目の松山英樹は、通算4アンダー、35位タイに終わった。昨年の大会ではメジャー制覇まであと一歩というところまで迫ったが、今年は「自分に期待していない」と言うほど悪い状態にあって、本来の”松山らしい”プレーはあまり見られなかった。

全米プロは35位タイに終わった松山英樹。photo by Getty Images