2018.05.31

【木村和久連載】なぜか寝られない…。
ゴルフと睡眠の不思議な関係

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第157回

 ゴルフをコンスタントに続けてプレーするには、体調管理が重要です。なかでも一番大事なのが、睡眠と言えます。

 翌日がゴルフだと何ゆえ、なかなか眠れないんですかね。きっと興奮しているんでしょう。遠足前日の小学生みたいですね。

 先ほどまで練習場で特訓していたものだから、頭の中はゴルフのことでいっぱいです。「明日はこのドライバーでドローボールをかっ飛ばそう」なんて思って寝るから、夢の中でもラウンドしているのです。気づかずに両手をしっかりグリップしていたりするのが笑えますね。

 そうなふうにしてシミュレーションして床に入るのなんて、高校時代、初デートの前日に枕を相手にキスの練習をして以来……って、いつのことやら。

 ここで、典型的な業界人の、ゴルフ前夜の行動を覗いてみます。

 仕事を早く切り上げ、練習場で2カゴほどボールを打って家に帰ります。時計を見るや、まだ午後11時じゃないですか。そこから、お風呂に入って、ビールを飲んで、気持ちよくなってから寝ようと床に入ったのが、午前1時ぐらい。

 ところが、興奮して眠れない。ついでにトイレに起きてしまい、テレビをつけるや「懐かしい映画、やってるじゃん」。それを見たら、「もう2時すぎかよぉ~」って具合です。

「うへぇ~、睡眠時間が減るぅ~」と焦ると、ますます眠れなくなり、結局寝ついたのは、午前3時。一瞬にして、朝5時にセットした目覚まし時計が鳴り響きます。

「すげぇ~、眠いっす」と、すでにゴルフに行く前から、眠くてしょうがない。それから、クルマを1時間半運転して、ラウンドして、帰りは渋滞に遭遇して2時間以上も運転するはめに……。途中のSAで休みながら、やっと帰ってきました。