2018.05.28

米ツアーにまた「新星」。法律家より
ゴルフを選んだアーロン・ワイズ

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 AT&Tバイロン・ネルソン(5月17日~20日/テキサス州)を制したのは、今季からPGAツアー参戦を果たしたルーキーのアーロン・ワイズ(アメリカ)。21歳10カ月29日でのツアー初優勝で、久しぶりの若手の勝利に「新星誕生!」と米ゴルフ界は大いに沸いている。

ツアー初優勝を飾った21歳のアーロン・ワイズ ワイズは、2週間前のウェルスファーゴ選手権でも最終日に「68」をマークしてトップも猛追。最終的には優勝したジェイソン・デイ(オーストラリア)に及ばなかったものの、2打差の2位となってPGAツアーでの自己ベストの成績を残したばかりだった。

 その翌週は、「第5のメジャー」と呼ばれるプレーヤーズ選手権への出場権がなく、お休み。満を持して臨んだ今大会、最終日に首位タイで一緒にスタートした34歳のマーク・リーシュマン(オーストラリア)にも3打差をつける圧勝劇を演じた。

 その勝利には、ワイズ自身、驚きを隠せなかった。

「デイには届かなかったけど、2位に入ったウェルスファーゴ選手権で学んだことが大きかった。近い将来、『きっと勝てる』と自信ができた。でも、まさか次の試合で勝てるなんて……」

 ワイズは、南アフリカのケープタウンで生まれた。3歳のとき、両親とともにアメリカに移住。オレゴン大学に進み、法学を学びながらカレッジゴルファーとして、その実力を磨いていった。

 2016年6月には、同校を全米学生選手権(NCAA)での勝利に導いて、個人戦での優勝も飾った。このことが、ワイズ自らに「法律家になるよりも、ゴルフコースを自分のオフィスにしよう」と決心させ、すぐさまプロ転向の道を選択した。