2017.11.28

タイガー・ウッズの復帰を大歓迎する
米ゴルフ界。でも本音は…?

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 いよいよタイガー・ウッズ(41歳/アメリカ)が復帰する。11月30日に開幕するヒーロー・ワールド・チャレンジ(11月30日~12月3日/バハマ・アルバニーGC)で、およそ10カ月ぶりに競技ゴルフの舞台に立つことになった。

ヒーロー・ワールド・チャレンジで復帰するタイガー・ウッズ 非公式戦ながら、同大会はタイガー・ウッズ基金が主催し、世界のトッププレーヤー18名が出場するエリート大会。世界ランキング上位16名に加え、今年はウッズ本人と、ダニエル・バーガー(24歳/アメリカ)のふたりが主催者推薦で出場する。

 昨年は、世界選手権シリーズ(WGC)のHSBCチャンピオンズを制するなど絶好調だった松山英樹(25歳)が、同年の全英オープン覇者ヘンリク・ステンソン(41歳/スウェーデン)との熾烈な争いをモノにして勝利。ウッズから優勝トロフィーを受け取って歓喜する姿がとても感動的だった。

 さて、肝心のウッズだが、今年4月に4度目となる腰の手術を受けた。そしてその後、約8カ月に及ぶリハビリ生活を過ごしてきた。実戦復帰となれば、腰の状態もそれだけ順調に回復しているのだろう。

 ウッズが語る。

「(ヒーロー・ワールド・チャレンジの)コースセッティングが復帰するには最高の状態にある。今では腰の痛みもなく、ショットは予想以上に距離も出ているから、(試合でプレーするのが)非常に楽しみだ」