2017.08.24

【木村和久連載】東京五輪「夏開催」
の裏にゴルフでメダルの秘策か?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第119回

 お笑いコンビ、テツandトモの「なんでだろう~」ではありませんが、そもそも2020年の東京オリンピックは、なんで真夏にやるのでしょう?

 1964年の東京オリンピックを経験している者にとっては、不思議でしょうがありません。当時は、梅雨や暑い夏、秋雨前線が停滞する時期を避けて、「スポーツの秋」ということもあるし、晴天率が一番高い秋の日を調べたら、10月10日だった。じゃあ、開会式はその日程でいきますかといった具合で、五輪の日程(10月10日~24日)は決まりました。

 前日までは雨でしたが、当日は抜けるような青空で、ブルーインパルスのF-86が国立競技場の上空に五輪マークをスモークでこしらえた瞬間は、超盛り上がりました。当時5歳のキムラ少年は、オリンピックなるものを理解はしていませんでしたが、父親に「これは、一生の思い出になるものだから、よく見ておくように」と言われて、選手の行進もボーッと眺めておりました。

 だから、2020年の東京オリンピックの開会式も、てっきり10月10日になると思っていました。それが、いざふたを開けてみると、7月末から8月上旬に開催って。こんなスケジュール、選手も観客も誰も喜ばないでしょう。

 冷静に過去のオリンピックを振り返ってみると、バルセロナ(1992年)も、アネテ(2004年)も、北京(2008年)も、相当暑かった印象がありますね。その日程ですが、1972年のミュンヘン大会からすでに8月26日~9月11日開催と、かなり前から夏に行なわれるようになっていました。