2017.08.22

「少し太った?」と言われる香妻琴乃。
心身の改善でツアー初優勝は近い

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 香妻琴乃(25歳)がまだ”大きな殻”から抜け出せないでいる。

 あともう少し、何かきっかけをつかむことができれば、大きく羽ばたく可能性は秘めている。個人的には、そんな予感がしている。

復調気配にある香妻琴乃 2017年シーズン、昨季シード権を失った香妻はQT()ランキング44位の資格でツアーに参戦している。ランキングからすれば、25~30試合ぐらいは出場できるだろうが、シード復帰を目指す香妻にとって、1試合1試合がとても貴重で、大事なものとなる。そしてその中で、彼女が最大目標とするツアー優勝も狙っていく。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。ファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの大半は出場できる。

 今季はここまで22試合に出場して、トップ10入りは4月のフジサンケイレディスクラシック(10位タイ)と、6月のアース・モンダミンカップ(7位タイ)の2回。予選落ちは9回と、やや好不調の波があり、安定した成績を残していくことが課題となる。

 ここまでの戦いを振り返って、香妻はこう言って笑顔を見せた。

「昨年よりはショットはよくなっているのですが、つい最近までパッティングにいい感覚がなくて、なかなか入らなかったんです。でも今は、それも修正できてきています」