2017.08.27

3度目のプレジデンツカップ出場。
松山英樹が誓う「打倒・米国選抜」

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 今年は2年に一度のプレジデンツカップ・イヤー。フェデックスカップ・プレーオフの最終戦となるツアー選手権(9月21日~24日/ジョージア州)が終わった翌週、9月28日から10月1日まで、マンハッタンの摩天楼を望むニュージャージー州のリバティーナショナルGCで開催される。

 1994年に第1回大会が行なわれたプレジデンツカップは、米国選抜と世界選抜がそれぞれの”名誉”をかけて戦うチーム対抗戦。これは、オーストラリア人のグレッグ・ノーマンの提唱で始まった。

 チーム対抗戦と言えば、米国選抜と欧州選抜(もとは英国選抜)が覇権を争うライダーカップがある。その歴史は古く、初めて行なわれたのは1927年。以降、2年に一度開催され、ゴルフ界で「最も盛り上がる大会」とも言われていた。

 しかしながら、米ツアーなど国際舞台でも頭角を現してきたオーストラリアや南アフリカ、そしてアジアの選手たちはライダーカップには出場できず、このビッグイベントをただ見ているしかなかった。そこで、当時世界ランキング1位だったノーマンがPGAツアーと掛け合って、欧州以外の選手で構成した世界選抜と米国選抜が戦うプレジデンツカップ開催を実現させた。

 そのプレジデンツカップに出場する今年のメンバーがまもなく決定する。

 各チームのメンバーは12名。米国選抜は、過去2年間のフェデックスカップポイント(直近1年のポイントは2倍)によって、まず10名が選出される。一方、世界選抜のメンバーは世界ランキングで決められ、9月4日時点でランキング上位10名の選手が選抜入りとなる。