2017.09.03

ダスティン・ジョンソン、完全復活へ。
スピースを退けた圧巻のスキル

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

「ようやく、自分のゲームが(今年の)マスターズ前(の状態)に戻った。再びいいスイングができて、本来の自分のペースになったと感じている」

 そう語ったのは、フェデックスカップ・プレーオフ第1戦、ノーザントラスト(8月24日~27日/ニューヨーク州)を制したダスティン・ジョンソン(33歳/アメリカ)だ。

プレーオフの末、スピース(左)を下して優勝したジョンソン(右) 今季は、2月のジェネシスオープンを勝って世界ランキング1位の座に就くと、その後もWGC(世界選手権シリーズ)メキシコ選手権、WGC デル・テクノロジー・マッチプレーと勝利して、出場3試合連続優勝。圧倒的な強さを誇示してメジャー初戦のマスターズに臨む……はずだった。

 ところが、マスターズ開幕前夜、宿泊していたレンタルハウスの階段で足を滑らせて腰を強打。急きょマスターズを欠場するはめになり、そればかりか、復帰までに1カ月も要した。復帰後もすぐに調子を取り戻せるわけもなく、その後の”メジャーシーズン”は本来の姿を見せられずにいた。

 昨季は全米オープンで初のメジャー制覇。今季早々に世界ランク1位にもなって、「ついにDJ(ダスティン・ジョンソン)の時代がやって来るのか」と、ファンやメディアの期待も膨らんでいたが、まさかのアクシデントに泣いた。結局、今季はメジャー大会すべてを棒に振ってしまった形だ。

 そのジョンソンが、いよいよ復調のときを迎えた。