2016.06.09

全米女子プロで悲願達成か。野村敏京、宮里藍…日本勢に膨らむ期待

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

 今季の海外女子メジャー第2戦、KPMG全米女子プロ選手権が6月9日(日本時間10日未明)、アメリカ・ワシントン州シアトル郊外のサハリーCCで開幕する。

 昨年から、男子の全米プロ選手権を主催するPGA・オブ・アメリカとの共催となった同大会。5つある女子メジャーの中でも、「素晴らしく、とてもメジャーらしくなった」と選手たちが評すほど、試合環境が整備され、大会そのものがかなりグレードアップされた。

 今年の開催コースとなるサハリーCCは、1998年に男子の全米プロが行なわれた舞台。その後も、2002年に世界選手権シリーズのNEC招待(現・ブリヂストン招待)が、2010年には全米シニアオープンが開催されるなど、過去にもビッグトーナメントの決戦の場となってきた。

 大きな杉の木でセパレートされた"ツリーライン"のコースは、全長6624ヤード、パー71。最終18番を含めて、400ヤードを超えるパー4が4つあり、飛距離と正確なショットが要求される、メジャーならではのタフなコース設定となっている。

 その過酷な舞台に挑む注目の日本勢は、米ツアーで戦う宮里藍(30歳)、宮里美香(26歳)、横峯さくら(30歳)、野村敏京(23歳)、上原彩子(32歳)の5選手。ここ数年の中では今回が、これら日本勢による待望のメジャー制覇が最も期待される。