2016.06.10

【木村和久連載】「ナイターゴルフ」に行ったことありますか?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第58回

 日が長い季節になりますと、ゴルフはラウンドの最終スタートが14時とか、14時半に伸びて、ワンハン(1.5ラウンド)プレーが可能となります。しかも、15時からの薄暮プレーでハーフラウンドができたり、しまいにはナイターゴルフもあり、の世界になってきます。

 そんなわけで、今回は"ゴルフの夜遊び"と言ったらこれ、というナイターゴルフの醍醐味に迫ってみたいと思います。

 話はよく聞いていると思いますが、意外と知られていない世界です。この機会に情報を蓄えておくのも悪くないのではないしょうか。

 過去、私がナイターゴルフに行ったのは、千葉や神奈川のコースです。そのつど、しっかり18ホールラウンドしましたよ。夏の暑い盛りであったにもかかわらず、とても涼しくプレーできたのが印象的でした。

 まず、ナイターゴルフに関する質問で、友だちによく聞かれるのが次のようなことです。

「ボールはよく見えるのか? そして、ちゃんと当たるのか?」

 みなさん、必ずと言っていいほど聞いてきます。で、答えから言いますと、昼間とはやや違ったニュアンスのプレーとなり、最初は戸惑うこともあります。

 以前、練習もしないでいきなりプレーしたとき、最初のホールはダフりまくって、ゴルフにならなかったです。ボールは見えているのですが、いざ立って構えると、打ちづらいのです。やる前は「夜の練習場と一緒じゃん」と思っていたのですが、それよりもやや暗い感じでしょうか。