2016.05.22

優勝争いの「不安」にもがく松山英樹に、J・デイがかけた言葉

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

「第5のメジャー」と呼ばれるプレーヤーズ選手権(5月12日~15日/フロリダ州)。首位と4打差の2位タイで3日目を終えた松山英樹(24歳)は、最終日最終組でラウンドしたが、「73」とスコアを落として後退。首位のジェイソン・デイ(28歳/オーストラリア)を追撃することができず、通算9アンダー、7位タイに終わった。

多くのファンが見守る中、ティーショットを放つ松山英樹 最終日は序盤につまずいて苦しい展開となった。1番パー4は、ドライバーでのティーショットを左ラフに打ち込んでボキー。3番パー3では、ティーショットのボールはピンに重なって飛んでいったものの、わずかにグリーンをこぼれて奥のバンカーに入ってしまった。結果、2打目のバンカーショットもグリーンに乗らず、1.8mのパーパットも外してダブルボギー。振り返ってみれば、ここでのミスが致命的となった。

 上位争いに加わっていながら前半で崩れる展開は、2打差の3位で最終日を迎えた4月のマスターズとよく似ている。マスターズでは1番のボギーを2番で取り返したが、4番、5番で連続ボギー。さらに6番パー3でダブルボギーを叩いて優勝戦線から脱落した。

 その際、松山はラウンド後にこう話した。

「自分の抱えていた不安が、そのまま出てしまった」

 そして、今大会を終えたあとの松山は次のように語った。

「すべてに対して不安がちょっとずつあったのが、悪い方向に出てしまったのかなと思う」