2016.05.21

【内藤雄士ゴルフレッスン】「ボールを打つ」意識をいかに消すかが大事

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato    中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第8回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜

 トップからフォローまでの注意点

内藤雄士コーチ:以下内藤 前回のレッスンでは始動からトップまでのクラブの上げ方のコツをお教えしました。今回はその動きを踏まえて、トップからフィニッシュまでの注意点について説明していきましょう。

白石あさえ:以下白石 はい、頑張ります!

内藤 トップからフィニッシュまでの間には動作が入ります。ボールを打つことを意識してしまうことが上達の妨げになるので、第6回目のレッスンでも話したようにトップの形とフィニッシュの形を結ぶことだけに集中してください。トップからフィニッシュへ動くときに重要になるのが体の軸です。

白石 これまでも内藤コーチに”軸”を意識するようにアドバイスを受けてきましたが、軸はどのように意識すればいいのですか?

内藤 アドレスのレッスンのときに、背中にクラブを当てて前傾角度を作る練習をしましたが、軸は背中側で意識するといいでしょう。その軸を中心に体を回転させることが重要になります。

 白石さんもそうですが、多くのアマチュアゴルファーはボールを打ちにいってしまうので、トップで切り返した後に、体がターゲット方向に流れる傾向があります。