GK史上最高額! チェルシーが獲得した
「100億円の男」ケパとは?

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Luke Walker/Getty Images

 実はそのポテンシャルの高さを評価され、今年1月にはレアル・マドリード移籍が内定していた。ところが、ジネディーヌ・ジダン監督(当時)の反対によって破談に。それは正GKケイロル・ナバスへの信頼を示すためだった。

 ケパ本人は相当なショックを受けたようだが、その悔しさもGKとしての厚みとしている。その証拠に、レアル・マドリードとのアウェーゲームはビッグセーブを連発。1-1の引き分けに持ち込む大活躍で、その価値を高めた。

 ケパはチェルシーで活躍できるのだろうか?

 プレミアリーグはリーガ・エスパニョーラよりも、単純なクロスボールの攻撃が増える。接触プレーが多く、ゲームリズムも異なる。戸惑うことが多いはずで、バルサからマンチェスター・シティに移籍したチリ代表GKクラウディオ・ブラーボは苦しんでいる。

 しかし、ケパはさほど苦にしないのではないか。バスク地方のプレースタイルは、スペインのなかではプレミアリーグにやや近い。「アスレティック」という英語名表記にあるように、伝統的に英国の影響を受けており、激しいプレーに対する免疫はある。そもそも、空中戦の展開が多いのだ。

「チェルシーのようなクラブが、自分に期待してくれたことを誇りに思う。このクラブの勝ち取ったものやそれを支える町に、大いに惹かれた。自分の人生にとって、大きな決断になった」

 ケパはチェルシー入団に際し、決意を新たにしている。入れ替わるように、ベルギー代表GKティボー・クルトワはチェルシーからレアル・マドリードに移籍した。これからGKの玉突き移籍が始まるともいわれている。

 スペインの若きGKが、100億円の価値を示すのはこれからだ。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る