2018.08.12

「ロナウドブーム」のユベントスは
株価もチケット代も急上昇中!

  • 利根川晶子●文 text by Tonegawa Akiko photo by Getty Images

 クリスティアーノ・ロナウドが加入を発表して以来、ユベントス周辺で、いやイタリア中で、お祭り騒ぎが続いている。7月の上旬にこの一報がもたらせると、W杯などそっちのけで(イタリア代表が不参加だったことも大きいが)、イタリアはロナウド一色となった。

8月8日から本格的なトレーニングに入ったクリスティアーノ・ロナウド 新聞ではロナウドの動向とともに、ロナウドマニアのエピソードが連日紹介されている。

 たとえばバレーゼに住む、あるユベンティーノ(ユベントスファン)は、ロナウドのユベントス入りが噂されていたころ、「もし(アンドレア・)アニエリ(ユベントス会長)がロナウドを買ってくれたら、歩いてトリノまで行く」と自身のSNSで宣言。本当に38度の酷暑のなか3日間、約140kmの距離を歩いて、ロナウドのお披露目を見に出かけた。

 また、欧州議会のアントニオ・タヤーニ議長は自他ともに認めるユベンティーノだが、ただロナウドに会いたい、ユニホームにサインをもらいたいがために、わざわざユベントスの練習場コンティナッサまで赴いた。ヨーロッパで一番権威ある職にある男の、まるで少年ファンのような行動には賛否が割れたが、これが今のトリノの現状だ。

 マスコミの報道も過熱気味だ。他のメンバーがアメリカツアーに行っている間の、数人での練習試合でゴールしただけで、新聞のタイトルは「ロナウド、ユベントスでの初ゴールをマーク」。トリノで初めて外食したのはレオナルド・ボヌッチお勧めのレストランで、食べたメニューは「パルメザンチーズのニョッキにチキンのシーザーサラダ、赤ワインのバルバレスコを一杯」と、何でもニュースになってしまう。

 こんなブームにユベントスは笑いが止まらない。ロナウドの加入が決まってからチームの株価は一気に40%上昇した。背番号7と彼の名前入りのユニホームは初回分5万5000着を販売したが、すぐに完売。その売上げは630万ユーロ(約8億2000万円)となり、9月末まで入荷を待たなければいけない状態だ。ユベントスを敵視するナポリで5000枚のロナウドのユニホームが売れたことも、驚きとともに報道されている。