2018.08.13

原口元気も予言。ハノーファーで
浅野拓磨は「ブレイクする」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai photo by AFLO

 今季からハノーファー(ブンデスリーガ)でプレーする浅野拓磨が、親善試合のアスレティック・ビルバオ(リーガエスパニョーラ)戦でゴールを挙げたほか、先制点にも絡む活躍で、幸先のいい滑り出しを見せている。

ビルバオ戦でゴールを決め、今季の活躍が期待される浅野拓磨 浅野は今季、2016年から2シーズン、プレーしたシュツットガルトを離れた。だが、ハノーファーへのレンタル移籍元はシュツットガルトではなくアーセナル。レンタル期間は1年間だ。

 アーセナルが保有権をキープしながら他のチームを渡り歩いた日本人選手といえば、宮市亮(現ザンクトパウリ)が思い浮かぶ。宮市の場合、アーセナルが保有権を持っていた4シーズンで、アーセナルでプレーしたのは最初の半年間と、2013-14シーズンのみ。労働ビザの問題は早々にクリアしていたにもかかわらず、負傷がちで、評価が上がらず、アーセナルには定着できなかった。

 浅野の場合は欧州で3季目に入ったが、いまだにアーセナルでプレーするチャンスは訪れていない。今後、浅野はどのような道をたどるのか。本人の活躍が求められるのは当然だが、注目に値するだろう。

 その浅野は昨季、シュツットガルトで終盤はベンチにすら入れず、第18節以降、出場はなかった。かといってツヴァイテ(Bチーム)に合流するというわけでもなく、レギオナリーガ(4部に相当する地域リーグ。シュツットガルトはU-21中心のチームが参加している)での出場も2試合にとどまった。