2018.08.11

GK史上最高額! チェルシーが獲得した
「100億円の男」ケパとは?

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Luke Walker/Getty Images

 8月8日、プレミアリーグのチェルシーは、スペイン代表GKケパ・アリサバラガ(23歳)をリーガ・エスパニョーラ(スペインリーグ)のアスレティック・ビルバオから獲得したことを発表した。

 7年契約で、移籍金はGK史上最高額の8000万ユーロ(約103億円)。これまでの最高はリバプールがローマから獲得したブラジル代表アリソン・ベッカーの7500万ユーロだったが、それを更新することになった。ケパは今年1月にビルバオと2025年までの契約を更新したばかりで、満額の違約金を支払ったことになる。

 では、100億円以上もの値が付いたケパとは、どのような実力の持ち主なのか?
 
チェルシーへの入団会見に臨んだケパ・アリサバラガ 物心ついたときから、ケパはGKだったという。6歳でサッカーを始め、9歳のときに地元バスクの名門ビルバオにスカウトされている。大柄で運動能力に優れた少年だった。

 11歳のとき、ある試合でFWが足りず、急遽プレーしたときには2得点を記録。”二刀流”も可能なほどだったが、本人の強い意志でGKに専念した。16歳になると大人たちに混ざってプレーするようになった。

 当時の監督、知将マルセロ・ビエルサに引き上げられ、17歳でトップの練習にも帯同している。このときはトップデビューまでいかなかったが、20歳で2部ポンフェラディーナに半年間、期限付き移籍。さらに2部バジャドリードでプレーして経験を積み、21歳でビルバオに戻ると先発の座をつかんだ。22歳でスペイン代表に初選出され、ロシアW杯でもメンバー入りしている。

 イタリア代表のジャン・ルイジ・ドンナルンマ(19歳)と並び、「次世代の世界最高GK候補」といわれている。

 身長189cm、体重84kgと、恵まれた体をしているが、特筆すべきは手足の長さだろう。反射神経が鋭く、ステップが軽やかなのもあって、目に見えて守備範囲が広い。