待ちきれない3人が、CLバイエルン対
レアルを開始前から語り尽くす

  • photo by Getty Images

小澤 しかもバイエルンは、準決勝の組み合わせ抽選会の前に来シーズンからニコ・コヴァチ(現フランクフルト監督)の監督就任を発表して、前回チャンピオンズリーグ優勝を果たした2012-2013シーズンと同じ流れを作ろうとしています。

 あの時も、翌シーズンからペップ・グアルディオラの新監督就任を発表して、ハインケスが三冠を獲得して有終の美を飾ったという過去がありますから、ゲン担ぎをしているのかもしれませんね。

倉敷 ジダンもチャンピオンズリーグでは2年連続優勝、監督として敗退した経験はありません。ハインケスか、ジダンか。戦術だけでなく監督がドレスルームで選手たちに与えてやれる特別な力も含めて見どころ満載です。最後の最後まで楽しめる、ハイレベルな試合が期待できそうですね。

連載記事一覧はこちら>>

◆レアルとバイエルン。4強「常連さん」の戦術をCL研究家3人が説く>>

◆ベンゲルに挨拶にきたジョージ・ウェア。グランパスの選手は仰天した>>>

6 / 6

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る