2018.04.25

待ちきれない3人が、CLバイエルン対
レアルを開始前から語り尽くす

  • photo by Getty Images

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.19

 2017-2018シーズンも佳境を迎え、各地で最高峰の戦いが繰り広げられる欧州各国のサッカーリーグ。この企画では、世界トップの魅力、そして観戦術を目利きたちが語り合います。

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎──。

 今回のテーマは、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝のプレビュー。バイエルン対レアル・マドリーという、欧州の巨大クラブ同士の激突は、はたしてどちらが凱歌をあげるのか。好調のロナウド、同じく状態のいいロッベンやリベリーらを両監督はどう起用するのか?

連載記事一覧はこちら>>

――それでは、次にチャンピオンズリーグ準決勝のバイエルン対レアル・マドリー(第1戦;4月25日、第2戦;5月1日)を展望していきたいと思います。ヨーロッパのカップ戦では歴代最多の25回を数えるこの対戦ですが、バイエルンはマドリーの3連覇を阻止することができるのでしょうか?

百戦錬磨のハインケス監督(左)とCL連覇中のジダン監督

倉敷 ヨーロッパの巨人同士の戦いですね。チャンピオンズリーグ(カップ時代を含む)における過去の対戦成績はバイエルンの11勝2分け11敗。36ゴール37失点とほぼイーブンです。

 ただ、ここ5シーズンに6度対戦していますが、目下マドリーが5連勝とバイエルンを圧倒しています。この流れが続くのか、変わるのか、中山さんはバイエルンのホームで行なわれる第1戦をどう見ていますか?