2018.04.26

逆転レアル、大敗ローマ。
CL2試合にみる「サッカーは布陣で決まる」

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦、バイエルン・ミュンヘン対レアル・マドリード。

 ルーカス・バスケス(右ウイング)の折り返しを、ゴール正面で構えるクリスティアーノ・ロナウドがヘディングシュートに及んだのは、0-0で迎えた前半28分の出来事だった。

 シュートは決まらず、ボールは左サイドのゴールライン付近を転々とする。レアルの左SB、マルセロが追いかけたもののボールはラインを割り、プレーはバイエルンのゴールキックで再開された。

 レアル・マドリードが先制点を許したのはその直後だった。ヨシュア・キミッヒ(右SB)は、タッチライン際に開いて構えるトーマス・ミュラー(4-3-3の右インサイドハーフ)にボールを預けると、右サイド前方に進出。一方、ミュラーに渡ったボールは、ハメス・ロドリゲス(左インサイドハーフ)を経由して、トップスピードで走るキミッヒの鼻先に、リターンパスとなって送られた。スコアラーはキミッヒ。右からそのまま持ち込みゴールネットを揺らした。

CL準決勝第1戦でバイエルンに逆転勝利を収めたレアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督 レアル・マドリードが先制点を許した原因は、ピッチに克明に描かれていた。レアルの左サイドは瞬間、まるで守備の態勢が取れていなかった。

 マルセロは、ボールを追いかけてしまったために、"死んだ状態"にあった。もう1人のサイドアタッカーで、4-3-3の左ウイングとして先発したイスコは、そのとき、真ん中よりむしろ右側にいた。右サイドで展開されていたボールに吸い寄せられるかのように、もらいたがる動きを見せていたのだ。