2018.04.27

ベンゲル最大の功績は、名古屋から移って
すぐに断行したプレミア改革

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

 2018年4月20日、ついにその時はやってきた。イングランドの名門アーセナルは、1996年10月1日から長期にわたってチームを指揮してきたアーセン・ベンゲル監督が今シーズン終了をもって退任することを正式に発表した。

アーセン・ベンゲル監督とアーセナルの蜜月関係がついに終わった 近年は批判の矢面に立たされていたフランスのアルザス地方ストラスブール出身の名将は、昨年5月にクラブとの契約を2年間延長したばかり。つまり、まだ契約が残されているなかで行なわれた今回の発表は、実質的には"解任"と言っていいだろう。

 この22年間、ベンゲルはプレミアリーグ優勝3回、FAカップ優勝7回を獲得した他、一昨シーズンまでは19シーズン連続でチャンピオンズリーグの舞台に導くなど、数えきれないほどの功績を残してきた。ただ、リーグ5位に終わった昨シーズンから思うような成績を収められず、今シーズンもチャンピオンズリーグ出場権獲得が絶望的であることを考えれば、今回フロントが下した決断は予想どおりだったと言える。

 来るべき時がきた。少なくとも「Wenger Out」のバナーを手にエミレーツ・スタジアムを訪れていた多くのファンは、今回の発表をポジティブに受け止めているに違いない。

 しかし、だからと言って彼が残した功績が色あせることはないはずだ。彼こそが、アーセナルというクラブの枠を超え、プレミアリーグの潮流を大きく変えた「イノベーター」であることを、イングランドを去ることが決まった今、再認識すべきではないだろうか。

 ベンゲルがアーセナルの監督に就任した1996年当時、島国のイングランドサッカー界はイタリアをはじめとする大陸の強豪国から大きく後れをとっていた。ほぼ内需に頼って発展するプレミア勢はチャンピオンズリーグなどヨーロッパのカップ戦で奮わず、戦力・戦術面において大陸の国々との差は開くばかりだった。