今季J1のベストイレブンを独自選考。「安定感抜群」「勝敗に直結する貢献」「他を圧倒する能力の高さ」と評価された選手たちは誰か

  • photo by Getty Images

攻撃の起点としても力を発揮した谷口彰悟

浅田真樹(スポーツライター)

この記事に関連する写真を見るFW/エウベル(横浜FM)、家長昭博(川崎) 
MF/マルシーニョ(川崎)、西村拓真(横浜FM)、水沼宏太(横浜FM) 
MF/脇坂泰斗(川崎)、清武弘嗣(C大阪) 
DF/小池龍太(横浜FM)、谷口彰悟(川崎)、岩田智輝(横浜FM) 
GK/高丘陽平(横浜FM)

 今季J1においては、横浜FMと川崎の"2強"が頭ひとつ抜けており、必然的にこの2クラブから多くの選手を選出する結果となった。

 横浜FMからは6人。まずGKは、背後のカバーやビルドアップでJ1屈指の能力を見せた高丘陽平を選出。DFでは、岩田智輝がボランチとCBを兼務しながら、強度の高いサッカーの肝となり、小池龍太は果敢にして緻密な連係による攻撃参加が目を引いた。

 MFでは、右からのチャンスメークとチームを鼓舞するリーダーシップが光った水沼宏太と、トップ下で新境地を切り開いた西村拓真を。FWでは、攻撃の中心的役割を果たしたエウベルをそれぞれ選んだ。

 続いて、川崎からは4人。DFでは守備の要だけでなく、攻撃の起点としても力を発揮した谷口彰悟、MFから精度の高いラストパスが際立った脇坂泰斗を選出。

 FWでは、今季もまた他を圧倒する能力の高さを見せつけた家長昭博と、スピードあるドリブルで攻撃の切り札となったマルシーニョを、いずれも迷うことなく選んだ。

 そして最後のひとりは、唯一上記2クラブ以外から選んだMFの清武弘嗣。ケガの影響で出場時間が短く、本来ならベスト11にはふさわしくないのかもしれないが、出場時のパフォーマンスがあまりにすばらしく、外すことはできなかった。

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る