今季J1のベストイレブンを独自選考。「安定感抜群」「勝敗に直結する貢献」「他を圧倒する能力の高さ」と評価された選手たちは誰か

  • photo by Getty Images

広島を牽引した2人もベスト11に相応しい

原山裕平(サッカーライター)

この記事に関連する写真を見るFW/チアゴ・サンタナ(清水) 
MF/満田誠(広島)、家長昭博(川崎)、水沼宏太(横浜FM) 
MF/岩田智輝(横浜FM)、脇坂泰斗(川崎) 
DF/佐々木翔(広島)、谷口彰悟(川崎)、アレクサンダー・ショルツ(浦和)、山根視来(川崎) 
GK/高丘陽平(横浜FM)

 横浜FMと川崎の2強が際立った今季は、当然ながら両チームから多くの選手を選出することになる。加えて復活を印象づけた広島を牽引した2人もベストイレブンに相応しいと判断した。

 GKは最少失点の横浜FMの不動の守護神を。最終ラインはワールドカップメンバーにも選ばれた川崎コンビと、群を抜く対人の強さを見せつけた佐々木翔をやや強引ながら、左SBに配置。アレクサンダー・ショルツは現在のJリーグで最高のCBと言っても差し支えない。この男が不在だったら、浦和はもっと低迷していたかもしれない。

 中盤でインパクトを放ったのは横浜FMの岩田智輝。強度の高い守備をベースにCBとボランチをハイレベルにこなし、強烈なミドルシュートも目を見張った。脇坂泰斗はリーグトップのアシスト数を評価。水沼宏太と家長昭博の両ベテランは優勝争いを演じたチームを牽引し、満田誠は攻守両面でルーキーとは思えない存在感を放った。

 人材不足のFWは消去法の意味合いが強いものの、やはりトップスコアラーであることを称えるべきだろう。

3 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る