札幌が完敗もミシャのサッカーは面白い。
奇抜な試みに見応えはあった

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 限られた戦力の特性を踏まえ、誰をどう組み合わせれば、何ができるか。MF深井一希、駒井善成、荒野、宮澤、田中と、ボランチをこなすタイプの選手を先発に5人もそろえていたのは、彼らが流動的にポジションチェンジしながらでも、その時々の役割をこなせる自在性を備えていたからだろう。結果的に玉砕したとはいえ、彼らの挑戦は果敢だった。

 今夏、エースストライカーのFW鈴木武蔵を海外移籍で失いながらも、手持ちの駒をやりくりして「ゼロトップ」で挑んだ札幌。その一方で、3人すべて今季途中に移籍加入したFWで「3トップ」を組んだ横浜FM。あまりに対照的な両者の対戦は、少々策を講じたところで埋めがたい地力の差を見せつけられた試合、とも言えるが、札幌の奇抜な試みは実に興味深く、見応えがあった。

 だから、ミシャのサッカーは面白い。少々勝てない試合が続いたとして、安易に目を離すわけにはいかないのである。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る