2020.08.28

札幌が完敗もミシャのサッカーは面白い。
奇抜な試みに見応えはあった

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

◆小野伸二が語る「世界2位」の舞台裏>>

 AFCチャンピオンズリーグとの日程重複のため、8月26日に繰り上げ開催されたJ1第29節。コンサドーレ札幌は横浜F・マリノスとアウェーで対戦し、1−4と完敗した。

 わずか1カ月前、両者は札幌のホームで第7節の試合を戦っていた。そのときのスコアは、札幌の3−1。ハイプレスを仕掛け、横浜FMのミスを誘った結果の勝利だったが、"二匹目のドジョウ"とはいかなかったわけだ。札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督が語る。

「前回の札幌ドームのような戦いをしたかったが、選手の動きが重く、運動量と球際で上回られ、前半に(0−2と)失点を重ねてしまった。(前の試合同様)マンツーマンで前からプレッシャーをかけていく狙いはあったが、競り合いに負け、相手についていけなかった」

横浜F・マリノスに完敗したコンサドーレ札幌だったが... この試合、札幌の先発メンバーに、FW登録の選手はひとりもいなかった。ひとりのGKと3人のDF、残る7人はすべてMFである。フォーメーションはいつもどおりの3−4−2−「1」ではあったが、「1」にはボランチを主戦場とするMF荒野拓馬が入っていた。そこには、DFラインからパスをつないでくる横浜FMに対抗しようとの意図がうかがえた。