頂上決戦。高校生なのに「大人びた」
サッカーの流経大柏はミスがない

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 高橋学●撮影 photo by Takahashi Manabu

「我々の大目標は、プリンスリーグからプレミアリーグに上がること。インターハイで日本一。選手権で日本一。これを3つとも叶えられそうなところまできた。相手は力のあるチームですから、チャレンジャーのつもりでいかないと目標は達成できない」

 本田監督はあくまで挑戦者の立場として、決勝の舞台に選手たちを向かわせることを誓った。そしてこう続ける。

「今年のチームは例年になく、非常に冷静というか、緊張した雰囲気がなくて、それは非常に助かっています」

 サッカーのスタイルだけでなく、流経大柏はチーム全体の雰囲気も"大人びた"印象をかもし出している。その冷静さは、日本一のかかる大一番で果たして吉と出るだろうか。

試合結果など詳細はこちら>『ストライカーDX』では
「第96回全国高校サッカー選手権大会」期間中、
全試合のレポートを掲載!

◆前橋育英、前回大会のリベンジへ「5原則」徹底。初Vへ風は吹いている>>>

◆インターハイ王者・流経大柏の夏冬連覇なるか>>>

■サッカー高校・ユース 記事一覧>>

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る