2018.01.04

前橋育英、前回大会のリベンジへ
「5原則」徹底。初Vへ風は吹いている

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 高橋学●撮影 photo by Takahashi Manabu

 全国高校サッカー選手権3回戦。前回大会準優勝の前橋育英(群馬県)が、富山第一(富山県)を1-0で下し、ベスト8に進出した。

 昨年度大会の決勝で、青森山田(青森県)に0-5の屈辱的大敗を喫してから1年。キャプテンのMF田部井涼(たべい・りょう/3年)が、「1年間、そこを目標にやってきた」と語るように、日本一だけを目指して試合やトレーニングを重ねてきた前橋育英は、目指す頂へ一歩ずつ近づいている。

富山第一を振り切って8強入りを決めた前橋育英 初戦となった2回戦では、初芝橋本(和歌山県)を相手に圧倒的な攻撃力を見せつけ、FW飯島陸(いいじま・りく/3年)の4ゴールなどで5-0と快勝。続く3回戦は、4年前の大会で全国制覇を成し遂げた富山第一の強固な守備に手を焼きながらも、試合終了間際の決勝ゴールで難敵から勝利をもぎ取った。

「攻めるのが好きな選手が多いが、3試合目で疲れがあったので、(自陣に)閉じこもって守備をしながら得点チャンスをうかがう作戦でやった」(富山第一・大塚一朗監督)という富山第一にとっては、狙いどおりに進められた試合だった。5人のDFと3人のMFでスペースを埋められては、さすがの前橋育英も苦しんだ。