レアルを追いつめた鹿島。
クラブW杯準優勝の真価はACLで問われる

  • 浅田真樹●文text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影photo by Sano Miki


 本家のワールドカップもそうだが、こうした大会は本大会で勝つよりも、ある意味で予選を勝ち抜くほうが難しい。

 自国でクラブワールドカップを開催し、開催国枠を生かして出場さえできれば、鹿島と同じような成績を残せるクラブは、おそらく中国にも韓国にもあるだろう。実際、モロッコで開催された2013年大会でも、地元のラジャ・カサブランカが決勝に進出している。確率的には、5回に1回くらいは起きる程度の「小金星」だとも言える。

 それを考えれば、鹿島の快挙も少し割り引いて考える必要がある。つまり、鹿島の真価が問われるのは来年。過去ベスト4にすら進出したことのないACLで初優勝を遂げてこそ、今回の準優勝は本当の価値を持つことになる。

 アジア王者として、再びクラブワールドカップに――。有言実行を期待している。

■Jリーグ 記事一覧>>

6 / 6

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る