サンフレッチェの敗戦に「世界との差」という結論づけは必要ない

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 青山が人一倍悔しがったのも、「相手がかけてきた圧力は未知のものというレベルではなかった。これくらいの相手ならもっとやれたはずという気持ちが強い」からだ。青山は「世界」を特別視して気負うことなく、いつも通り勝つために試合に臨んでいた。

 相手が南米王者であろうと、ヨーロッパ王者であろうと、勝った負けたの結果に引きずられることなく、試合内容を判断する。そこに小さな差しかなかったのなら、無理に相手を持ち上げる必要もない。

 少なくとも、惜敗するたびに「これが世界との差」のひと言でまとめてしまっては、絶対に彼我の差は縮まらない。

 広島には「十分に勝つチャンスはあった」(森保監督)。物わかりよく世界との差を受け入れる前に、もっともっと悔しがっていい試合だったと思う。


国内サッカー の記事一覧>


5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る