2021.06.15

水沼貴史が選ぶ「歴代日本人クロスの名手トップ10」中田英寿が上位に!

  • 篠 幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko

8位 遠藤康(鹿島アントラーズ)

 遠藤は、ある特化したクロスを蹴れる選手です。右サイドのペナルティーエリア角から少し後方でボールを持った時に、逆サイドのゴールエリアのゾーンに落とすクロス。GKもDFも越えて、そのポケットに落とすボールが本当に絶妙です。

 山本脩斗(現・湘南)が、鹿島の左サイドバックに入っていた頃がいちばん顕著で、遠藤が右サイドのそのエリアでボールを持っている時は、山本が必ずそのポケットに入って何回もチャンスをつくってきました。

 遠藤はタメがつくれて、周りも本当によく見えているので、イメージを持ってパスを出せるんですよね。そのイメージを山本も感じていて、一度ポケットの深い位置に相手の目線をずらしてボールウォッチャーにさせて、そこからの折り返しを中で合わせる。この折り返しのために入れるクロスが、遠藤の秀でたところです。

 遠藤はもちろん技術的に、ゴール前の味方へピンポイントで合わせられるクロスも持っています。ただ、こういった引いた相手を崩すアイデアやそのプレーの精度が、すばらしいですね。

7位 駒野友一(FC今治)

 駒ちゃんは、両サイドで同じようにプレーができる数少ない選手です。しかも、両足で精度の高いクロスを入れることができる。この点においては、今回のランキングの選手のなかでは一番だと思います。"職人"という言葉が似合う選手ですね。彼のプレーに日本代表では何度も助けられたし、今でも現役をつづけている情熱もすばらしいと思います。

 今でこそ両足を使える選手は増えていますが、駒ちゃんのようにゴールに直結するクロスを両足で蹴れるのはすごい技術です。攻撃の組み立てのなかで両足を使えるプレーとは、また少し違うと思っています。

 守る側からすると、組み立てのパスと違ってクロスは、やはりゴール前に入れさせたくないボールです。蹴る瞬間になればDFは足を出したり、状況によってはスライディングでブロックしにいく。ところが、駒ちゃんのように切り返した逆の足でもクロスの精度が高いと、どちらの足からのクロスを潰しにいけばいいのか判断に迷ってしまいますよ。

 そういった意味でも、両足の高精度クロスを持っているというのは、貴重な選手だと思います。

6位 福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌)

 彼は中・長距離をピンポイントで合わせられる、左足のキックが魅力のスペシャリストですね。球種も豊富で、彼の左足の前にボールがあったら、中の選手は「良いボールが来る!」と思っているだろうし、それだけの実績も挙げている選手です。

 止めたボールをピンポイントで入れるのはもちろんですけど、ゴール前からなどのこぼれ球をワンタッチでズバッと蹴って、鋭いクロスを入れることもあります。こうした感覚は、普通の選手とちょっと違うなと感じさせるところです。

 桐光学園高校の頃から、左足のすごい選手がいると注目して見ていました。川崎フロンターレからコンサドーレへの移籍をきっかけに開花して、左足の精度はどんどん研ぎ澄まされ、スペシャリストと言えるほどの選手にまで成長したと思います。