アニマル・レスリーに殴られ続けた男・藤田浩雅が語る「阪急時代の偉大な選手たち」「オリックスへの身売り」

  • 水道博●文 text by Suido Hiroshi

藤田浩雅インタビュー(前編)

 藤田浩雅氏は、阪急(現・オリックス)時代の84年にこれまで田淵幸一氏しか果たしていなかった「捕手の新人王」に輝き、88年には史上8人目の「代打逆転満塁サヨナラ本塁打」を記録。その後、巨人でもプレーし、引退後は巨人の寮長を務めるなど、選手たちを支えた。そんな藤田氏が自らの野球人生を振り返る。

抑えのアニマル・レスリー(写真右)から試合後にパンチを食らう藤田浩雅氏 photo by Sankei Visual抑えのアニマル・レスリー(写真右)から試合後にパンチを食らう藤田浩雅氏 photo by Sankei Visualこの記事に関連する写真を見る

【強肩強打、好リードで新人王に】

── 藤田さんの母校・御殿場西高(静岡)の2年先輩に杉本正さん(西武など)がいました。

藤田 杉本さんは3年夏の県大会で、2回戦、3回戦と連続ノーヒット・ノーラン。4回戦で負けましたが、打線がよかったら甲子園も夢ではなかったです。私の高校3年夏は、前年のセンバツで全国制覇した浜松商に3回戦で敗れました。母校が甲子園に出たのは1992年のセンバツで、ロッテで活躍した小野晋吾が高校2年の時でした。

── 高校卒業後は社会人野球の関東自動車工業に進まれます。

藤田 同期で、当時有名だった長嶋清幸(自動車工高→広島)でさえ、ドラフト外での入団でした。私は大昭和製紙と大昭和製紙白老のセレクションを受けましたが、縁がありませんでした。そこでトヨタ自動車系列の関東自動車工業に入社したのですが、初日に「ウチの野球部はクラブ活動程度だから、いつ辞めても大丈夫だからね」と(笑)。だから、プロなどはまったく頭になかったのですが、社会人2年目から阪急(現・オリックス)の三輪田勝利スカウトが見に来られていたらしいです。私は3年目にヤマハの補強選手として都市対抗に出場し、ドラフト3位で阪急に指名されたというわけです。

── 藤田さんといえば強肩で注目を浴びました。プロ2年目の84年には、盗塁阻止率.423という高い数字を残されています。

藤田 プロ1年目の83年に6試合出させてもらいました。その年、福本豊さんの連続盗塁王を13年でストップさせた大石大二郎さん(近鉄)の三盗をふたつ刺して、翌年から使ってもらえるようになりました。ショートの弓岡敬二郎さんが、よく相手のヒットエンドランや盗塁のサインを見破って教えてくれたのも役立ちました。

1 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る