藤田浩雅は桑田真澄とバッテリーを組み「リードはお任せします」で、1試合16奪三振のセ・リーグタイ記録

  • 水道博●文 text by Suido Hiroshi

藤田浩雅インタビュー(後編)

前編:アニマル・レスリーに殴られ続けた男・藤田浩雅が語る阪急時代はこちら>>

 1991年オフにトレードで巨人に移籍した藤田浩雅氏は、桑田真澄とバッテリーを組み「1試合16奪三振」のセ・リーグタイ記録をマーク。また1994年の中日との伝説の「10・8」も経験した。巨人時代の思い出を振り返る。

現役引退後はコーチ、寮長などを歴任し若手選手を支えた藤田氏(写真左) photo by Sankei Visual現役引退後はコーチ、寮長などを歴任し若手選手を支えた藤田氏(写真左) photo by Sankei Visualこの記事に関連する写真を見る

【紅白戦のテレビ中継に唖然】

── 藤田元司監督の熱烈なラブコールもあり、91年オフに高田誠捕手との交換トレードで巨人に移籍しました。

藤田 巨人では取材陣の多さに、最初は四六時中見られているようで......パ・リーグ出身の私からしたら違和感があり疲れました。当時のパ・リーグは、公式戦でもなかなかテレビ中継がないのに、巨人はキャンプの紅白戦でテレビ中継があると聞いた時はさすがに驚きました。

── 藤田さんの"捕手論"について教えてください。

藤田 自分のなかでは、低めの捕球などキャッチングに自信がありました。ブルペンで水野雄仁の投球を受けたとき、「藤田さんがいい音を出して受けてくれるから、調子がいいのかと勘違いしちゃいますよ」と言われました。

── 桑田真澄投手とバッテリーを組んで、94年に毎回を含む1試合16奪三振のセ・リーグタイ記録を達成しました。

藤田 あの試合、レギュラー捕手だった村田真一が何かの理由で試合に出られなかったんです。桑田には初めてバッテリーを組んだオープン戦で「ストレート、カーブ、シュート、スライダー、フォークと僕はどの球でもカウントを稼ぎ、勝負できるので、リードはお任せします」と言われていました。以降、桑田が投げる試合はマスクを被りたかったのですが......(笑)。当時の捕手は大久保博元もいて、彼はよく打ちましたからね。

── 93年からは長嶋茂雄監督になります。どんな印象を持たれましたか。

藤田 やはり雲の上の存在です。その後、私のコーチ時代に食事会があって、長嶋さんはてっさ(フグの刺身)を2、3枚どころか、サーッと何枚も重ねて食べたという有名なエピソードがあるのですが、私も実際に目撃しています(笑)。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る