奥川恭伸、涙の980日ぶり勝利の陰で 長岡秀樹、武岡龍世、大西広樹...ヤクルト2019年ドラフト組の「再会物語」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya

 ヤクルトの奥川恭伸が6月14日のオリックス戦(京セラ)で2年ぶりの一軍登板を果たし、980日ぶりの勝利を挙げた。試合では武岡龍世と長岡秀樹が二遊間を守り、6回裏には大西広樹が奥川からバトンを引き継ぎマウンドに上がった。2019年のドラフト同期の4人が揃って一軍の試合に出場するのは初めてのことだった。

2019年ドラフト入団の(前列左から)長岡秀樹、奥川恭伸、髙津臣吾監督、吉田大喜、武岡龍世、(後列左から)杉山晃基、大西広樹 photo by Sankei Visual2019年ドラフト入団の(前列左から)長岡秀樹、奥川恭伸、髙津臣吾監督、吉田大喜、武岡龍世、(後列左から)杉山晃基、大西広樹 photo by Sankei Visualこの記事に関連する写真を見る

【ファーム時代は思い出したくない】

 奥川、武岡、長岡の3人は高卒で、大西は大卒。彼らは2020年1月7日、二軍の戸田球場での新人合同自主トレで、プロ野球人生を本格的にスタートさせた。この日、奥川は目覚まし時計を6時半にセットし、そこから10分おきに鳴るようにして、起床したのは6時50分だった。今と比較すれば、4人の顔には幼さが残り、体の線も細かった。奥川が懐かしそうに当時を振り返る。

「ですよね。その頃の写真を(リハビリ期間中に)こういう時もあったなと思いながらチラッチラッと見ていました。みんなプロに入って最初なので心細いし、同級生3人で行動することが多かったですね」

 休日には奥川、長岡、武岡の3人で、新宿に出かけたこともあった。奥川は人の多さに圧倒され、「新宿はもういいです」と笑った日が懐かしい。

 以来、彼らはそれぞれの成長曲線を描き、プロの厚い壁を乗り越え、今こうして一軍の舞台で輝いている。

 長岡は、新人合同自主トレの初日から4年以上の歳月が流れたことについてこう話した。

「僕にとってはすごく濃い時間でしたね。ファーム時代は思い出したくないくらい、つらくて、きつくて、暑くて......思い返せば長い時間でした。でも、その時間がなかったら今の自分はないので、やっぱりあっという間だったかな」

 長岡は3年目のシーズン開幕戦でスタメンに抜擢されると、思いきりのいいスイングと試合を重ねることに成長する守備で、ゴールデングラブ賞にも輝いた。

 しかし昨年は「やっぱり打つのが一番好きなんで(笑)」という打撃で、「何をやってもうまくいかないし、どうすればいいのかわからなかった」というほど苦しんだ。大きな試練にぶち当たるなかでも忘れなかったのは、はい上がってやろうという気持ちだった。

「高校時代は全然有名じゃなかったですし、同期入団の選手たちはみんな日本代表に入ったりしていて......そういう人たちに負けたくないっていう気持ちはありました」

1 / 4

プロフィール

  • 島村誠也

    島村誠也 (しまむら・せいや)

    1967年生まれ。21歳の時に『週刊プレイボーイ』編集部のフリーライター見習いに。1991年に映画『フィールド・オブ・ドリームス』の舞台となった野球場を取材。原作者W・P・キンセラ氏(故人)の言葉「野球場のホームプレートに立ってファウルラインを永遠に延長していくと、世界のほとんどが入ってしまう。そんな神話的レベルの虚構の世界を見せてくれるのが野球なんだ」は宝物となった。以降、2000年代前半まで、メジャーのスプリングトレーニング、公式戦、オールスター、ワールドシリーズを現地取材。現在は『web Sportiva』でヤクルトを中心に取材を続けている。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る