ソフトバンクのドラフトに見た「王者奪還」への本気度 育成指名を8人で終わったワケ

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko

ドラフト2023を検証する〜ソフトバンク編

 10月26日にドラフト会議が終わって、2週間が経った。各球団は指名した選手たちへのあいさつに忙しい時期だ。今年も悲喜交々いろいろあったドラフトだったが、とくに印象に残ったチームについて、スカウトや球団関係者などの証言も参考に検証してみたい。小久保裕紀新監督を迎え、王者奪還に挑むソフトバンク。今年はこれまでとは一線を画すドラフトを展開した。

ソフトバンクから1位指名を受けた大阪桐蔭の前田悠伍 photo by Sankei Visualソフトバンクから1位指名を受けた大阪桐蔭の前田悠伍 photo by Sankei Visualこの記事に関連する写真を見る

【一軍強化最優先のドラフト】

指名一覧
支配下ドラフト
1位× 武内夏暉(国学院大)/投手/左投左打
1位  前田悠伍(大阪桐蔭高)/投手/左投左打
2位  岩井俊介(名城大)/投手/右投右打
3位  廣瀬隆太(慶應義塾大)/内野手/右投左打
4位  村田賢一(明治大)/投手/右投右打
5位  澤柳亮太郎(ロキテクノ富山)/投手/右投左打
6位  大山凌(東日本国際大)/投手/右投右打
7位  藤田悠太郎(福岡大大濠高)/捕手/右投右打

育成ドラフト
1位  大泉周也(福島レッドホープス)/外野手/左投左打
2位  宮里優吾(東京農業大)/投手/右投右打
3位  佐倉侠史朗(九州国際大付高)/内野手/右投左打
4位  中澤恒貴(八戸学院光星高)/内野手/右投右打
5位  星野恒太朗(駒澤大)/投手/右投右打
6位  藤原大翔(飯塚高)/投手/右投右打
7位  藤田淳平(徳島インディゴソックス)/投手/左投左打
8位  長水啓眞(京都国際高)/投手/左投左打

 ソフトバンクのドラフトと言えば、毎年話題になるのが"育成"である。一昨年(2021年)が11人、昨年(2022年)は14人の選手を育成ドラフトで指名。はたして、今年は何人指名するのかと思っていたら、8人で終了したので逆に驚いた。

 今年も当日はドラフト中継(U−NEXT配信)の解説席に座らせていただいたのだが、ソフトバンクの育成ドラフトは、誰を指名してくるのか、どこまで続くのか......こちらも対峙するような意識で、緊張して構えているので、今年はちょっと肩透かしを食らったような気分になった。

 ただ今回の指名については、考えればわかることだ。

1 / 3

プロフィール

  • 安倍昌彦

    安倍昌彦 (あべ・まさひこ)

    1955年、宮城県生まれ。早稲田大学高等学院野球部から、早稲田大学でも野球部に所属。雑誌『野球小僧』で「流しのブルペンキャッチャー」としてドラフト候補投手のボールを受ける活動を始める。著書に『スカウト』(日刊スポーツ出版社)『流しのブルペンキャッチャーの旅』(白夜書房)『若者が育つということ 監督と大学野球』(日刊スポーツ出版社)など。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る