セ・パぶっちぎりVで再燃する「CS制度の是非」 飯田哲也&薮田安彦の見解は?

  • 水道博●文 text by Suido Hiroshi
  • photo by Sankei Visual

── 何かいい方法はありますか。

飯田 あくまで個人的な意見ですが、現状のようにアドバンテージをつけて1位チームを有利にするくらいなら、CSは廃止していいのでは......と思っています。CS制度の導入で"消化試合"がなくなったのはたしかにメリットですが、せっかくプレーオフをやるのであれば、メジャーのようにアドバンテージなしで対等に戦ったらどうでしょうか。メジャーはア・リーグ、ナ・リーグの30球団のうち、地区優勝チーム、ワイルドカードで計12チームがプレーオフに出場できます。それに対して日本は、12球団中6チームがプレーオフに進出。さすがに多い感じがします。そう考えると、エクスパンションで球団数を増やすのが一番いいのですが......。いずれにしても、アドバンテージのあるなしに関わらず、結局は強いチームが勝つと思います。

薮田 3位のチームが勝率5割以下であっても、CSファーストステージに関しては従来どおり、アドバンテージなしの2勝先取制でいいと思います。ただ、ファイナルステージに関しては、たとえば「5ゲーム差につき1勝」「10ゲーム差なら2勝」のアドバンテージを1位チームに付与してもいいのではないでしょうか。

【ペナントレースとCSは別物】

── シーズン2位、3位からCSを勝ち上がるのは難しいですか。

飯田 1位チームが有利なのはたしかなので、2位、3位チームは気楽さをバネに「やってやるか!」的なリラックスした感じで臨んだほうがいいと思います。プレーするのは選手ですので、選手のモチベーションを上げて、その気にさせてやるのがコーチの手腕ですね。

薮田 ルール的なことを考慮すると、1位チームの優位は変わりませんが、下位チームのほうが気持ち的に開き直れますし、戦いやすさはあると思います。ペナントレースと短期決戦はまったく別物なので、いかにチームに勢いをつけられるか。エースがしっかり投げて、打つべき選手が打って、思いきったプレーをする。それができたチームが日本シリーズに進むと思います。

3 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る