阪神の村上頌樹、巨人の秋広優人らセ・リーグの若手たちを高木豊が評価 「来季以降もすごく期待」な強打者候補も挙げた

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • photo by Sankei Visual

 今シーズンもプロ野球では、新人王有資格者を含めた各チームの若手が躍動。チームの主力として順位に影響を及ぼす活躍を見せた選手も少なくない。

 セ・リーグではリーグ優勝を果たした阪神・村上頌樹(しょうき)などの飛躍が目立ったが、他にも来季以降の活躍に期待できる若手選手は誰なのか。かつて大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)で活躍し、現在は野球解説者やYouTubeでも活動する高木豊氏に、セ・リーグで目にとまった選手たちを挙げてもらった。

新人王争いも注目の阪神・村上(左)と巨人・秋広新人王争いも注目の阪神・村上(左)と巨人・秋広この記事に関連する写真を見る

【阪神・村上は優秀なイニングイーター】

――新人王候補の筆頭は3年目の村上頌樹選手だと思いますが、今シーズンの活躍をどう見ていましたか?

高木豊(以下:高木) 最優秀防御率(1.75)のタイトルを獲得しましたし、セ・リーグの新人王は村上でほぼ決まりでしょう。強みは「崩れない」こと。投げた試合のほとんどで先発としての役割を果たしましたし、完投能力もあります。
 
 印象に残っているのは交流戦の楽天戦(6月6日)です。試合には負けたのですが、完投(8回4失点)しましたよね。その時期の阪神は延長戦が続いていて、ピッチャー陣が総じて疲れていたんです。そんな時に村上がひとりで投げ抜いてくれたおかげで、他のピッチャーたちを休ませることができた。"フォア・ザ・チーム"というか、チーム全体に貢献している部分がすごく大きいです。

――「イニングイーター(長いイニングを投げられる先発投手)」としても優れていますね。

高木 村上の武器はコントロールのよさ、球のキレ、安定感ですが、それに加えてスタミナもあるのでイニングイーターとして優秀です。首脳陣からすれば、本当に頼りになるピッチャーだと思います。

 完全試合続行中で降板した試合(4月12日の巨人戦)もありましたが、その試合でのピッチングが自信になったのか、次の登板でもしっかり投げていました。精神的なタフさも兼ね備えていますね。

――制球力があり、ボールの出し入れも自在にできる印象です。

高木 絶対に自滅しないタイプですね。疲れてくると微妙にボールが甘くなってしまうことはありますが、それはどんなにいいピッチャーでもそうなるもの。ただ、村上の場合はボールが甘くなって少し打たれても連打を許さず、最後のひと踏ん張りがきくのも素晴らしいです。

1 / 3

プロフィール

  • 浜田哲男

    浜田哲男 (はまだ・てつお)

    千葉県出身。専修大学を卒業後、広告業界でのマーケティングプランナー・ライター業を経て独立。『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』の取材をはじめ、複数のスポーツ・エンタメ系メディアで企画・編集・執筆に携わる。『Sportiva(スポルティーバ)』で「野球人生を変えた名将の言動」を連載中。『カレーの世界史』(SBビジュアル新書)など幅広いジャンルでの編集協力も多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る