原辰徳の元チームメイト・村中秀人はプリンスホテル入団で驚愕「ここはプロ野球の養成所か...」

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki
  • photo by Nikkan sports

消えた幻の強豪社会人チーム『プリンスホテル野球部物語』
証言者〜村中秀人(前編)

『プリンスホテル野球部物語』プロローグはこちら>>

 社会人野球で一時代を築いたプリンスホテルは、高校野球の名将も生んだ──。2023年で監督人生35年目の村中秀人は、東海大相模高を率いて春2回、現任の東海大甲府高では春2回、夏6回と甲子園に出場。1992年春に準優勝、2004年、12年夏にベスト4の実績を持つ。その原点が、第4代主将も務めたプリンス野球部にあったという村中に、入社の経緯から聞く。

東海大相模高、東海大で原辰徳(写真左)とチームメイトだった村中秀人氏東海大相模高、東海大で原辰徳(写真左)とチームメイトだった村中秀人氏この記事に関連する写真を見る

【原辰徳からのアドバイス】

「大学4年の時ですね。ちょうど原辰徳が全日本に選ばれた時、プリンスホテルの中屋(恵久男)さんという方がショートをやっていまして。辰徳にいろんな話を聞いたんです」

 左腕エースだった東海大相模高時代から、村中は同期の原辰徳(現・巨人監督)とチームメイト。辰徳の父・原貢が監督を務める同校で1974年夏、75年春・夏、76年夏と甲子園に出場。翌77年に原貢が東海大の監督に就任すると、村中は辰徳とともに進学。外野手として首都大学リーグで7回の優勝に貢献し、ベストナインを3回受賞してプロからも注目された逸材だった。

「ある球団がドラフト3位で指名すると聞いていたんですが、肩を壊してしまって......。原監督から『プロはちょっとあきらめて、ノンプロに行こう。たくさん来てるから、いろんなとこ行ってみろ』と言われて、本当にいろんな会社の方とお会いしました。どうしようかな......と思った矢先に、監督が突然『プリンスホテルに行こう』って」

 一期生の石毛宏典(駒澤大/元西武ほか)、中尾孝義(専修大/元中日ほか)、堀場秀孝(慶應義塾大/元広島ほか)を筆頭に東京六大学、東都大学のスターばかりで圧倒的にレベルが高い。プリンスにそんなイメージを持っていた三期生の村中は「首都大学の選手が行っても潰されます。ほかのところに行きたいです」と監督に言ったが、「おまえだったら大丈夫!」のひと言。

「それで辰徳に『どう? プリンス』って聞いたら、『あそこは徹底的に野球のレベルが高いからさ、仕事よりも野球をしっかりやらないとすぐクビになっちゃうかもしれないよ。でも、野球やる環境は最高だと思うよ』って教えてくれました。それで一度、お会いしてみようかと思って、原監督と一緒に"赤プリ"まで行ったんです」

1 / 4

プロフィール

  • 高橋安幸

    高橋安幸 (たかはし・やすゆき)

    1965年、新潟県生まれ。 ベースボールライター。 日本大学芸術学部卒業。 出版社勤務を経てフリーランスとなり、雑誌「野球小僧」(現「野球太郎」)の創刊に参加。 主に昭和から平成にかけてのプロ野球をテーマとして精力的に取材・執筆する。 著書に『増補改訂版 伝説のプロ野球選手に会いに行く 球界黎明期編』(廣済堂文庫)、『根本陸夫伝 プロ野球のすべてを知っていた男』(集英社文庫)など

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る