山田哲人「便利屋でもなんでもいい」×周東佑京「失敗したら地獄が待っている」。侍ジャパン勝利の切り札が対談で語るWBCへの思い

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke

周東 僕は基本的にあと(代走)からいくと思っています。本当に1点がほしい時に、しっかりとれることが一番ですね。そのために呼ばれたと思っているので、そこの仕事をしっかりしていきたいと思っています。

── 今回のWBCは注目度がかなり高く、普段は野球を見ないライト層や子どもたちにアピールする役割も期待されます。

山田 野球というスポーツは勇気や元気、感動などいろんなパワーをすごく伝えられると思っています。子どもたちだけではなく、たくさんの人に野球が生み出すパワーを通じて何か感じてもらえればいいですね。

周東 大人たちが1球1球すごく必死になって、熱い戦いをして、感情をむき出しにしながらやっている姿を見て、「自分もこういう舞台で野球をやりたい」という子どもたちがひとりでも増えてくれればいいですね。本当に野球ってすばらしいということを、日本中にしっかり見せていきたいと思います。

山田哲人と周東佑京が絶賛するスパイクとは>>

WBCをVIP気分で観戦できるチケット発売中!

3月9日(木)から始まるWBCの1次ラウンド 東京プール。日本代表の試合をVIP気分で観戦できるホスピタリティプログラムをSTH JAPANが発売している。また準々決勝ラウンドに日本代表が進出した場合は3月16日(木)に東京ドームで試合を行なうが、この試合のホスピタリティプログラムも発売中。「プレミアムラウンジ」チケットでは、専用ラウンジを利用でき、食事や飲み物などを楽しめる。

「ホスピタリティプログラム」はこちらから>>

プロフィール

  • 中島大輔

    中島大輔 (なかじま・だいすけ)

    2005年から英国で4年間、当時セルティックの中村俊輔を密着取材。帰国後は主に野球を取材。新著に『山本由伸 常識を変える投球術』。『中南米野球はなぜ強いのか』で第28回ミズノスポーツライター賞の優秀賞。内海哲也『プライド 史上4人目、連続最多勝左腕のマウンド人生』では構成を担当。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る