2022.08.03

片岡篤史が中日のファーム監督になって感じた「新陳代謝ができていない」。期待の若手選手についても語った

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • photo by Kyodo News

中日・ファーム監督
片岡篤史インタビュー 後編

(前編:投手転向した根尾昂は「同世代のなかでナンバーワンの投手」>>)

 ウエスタン・リーグで71試合を消化し、24勝39敗8分けでリーグ4位(7月27日時点、以下同)の中日。今季から中日のファーム監督を務める片岡篤史氏に、前半戦の振り返り、京田陽太の現状や若手選手たちへの期待、後半戦に向けた課題を語ってもらった。

中日のショートのポジションを争う京田陽太(左)と溝脇隼人中日のショートのポジションを争う京田陽太(左)と溝脇隼人 この記事に関連する写真を見る ***

――チーム全体で取り組んできたことの成果や手応えを教えてください。

片岡篤史(以下:片岡) ファームは勝敗ももちろん大事ですが、それ以上に選手の課題克服や成長が一番大事だと思います。今年は僕自身がファームの監督を務めるのが初めてということもあって、まだ手探りの状態です。

 開幕当初は非常にチームの調子がよかったのですが、他のチームに新型コロナウイルスの感染者が出るといった外的な要因もありました。逆に中日に感染者が出てからは選手が全然いなくなったりして苦しい戦いが続きましたね。

 そのようなファームの状況のなか、何人かのファームの選手は一軍に上げてもらいました。上げてもらうことはよくあるんですが、試合に使ってもらったことがありがたかったです。

――確かに、多くの若手が一軍の試合で起用され、経験を積んでいますね。

片岡 投手の上田洸太朗や野手の土田龍空、石橋康太、石垣雅海といった若手が一軍の試合で起用されていることはありがたかったですが、ファーム同様に一軍もなかなか結果が出ず、ケガ人も多かったりと、いろいろな課題が明確になった前半戦でした。

―― 一番の課題は?

片岡 去年、僕は外から中日を見ていましたが、入ってみてわかることがたくさんあります。一番に感じたのは、この10年間でBクラスが8回という成績に出ているように、チーム内で若手の突き上げによる新陳代謝ができていないということ。そこが一番の課題だと思います。

 ファーム監督の僕が言ったらおかしいかもしれませんが、他のチームと戦うと年齢層の違いが明確で、若手がいないんです。これは、今年から中日に来たからこそ感じられることかもしれません。