2021.11.19

「ここで結果を出さなければただの恥さらしだ」元DeNA寺田光輝はプレッシャーを力に変えて医学部受験に挑んだ

  • 村瀬秀信●文 text by Murase Hidenobu
  • photo by Sankei Visual

『ドクターゼロス〜スポーツ外科医・野並社の情熱〜』第1巻発売記念
原作者・石川秀幸先生×元DeNA・寺田光輝氏 対談(後編)

前編はこちら>>

 漫画『ドクターゼロス〜スポーツ外科医・野並社の情熱〜』の原作者・石川秀幸先生と元横浜DeNAベイスターズの投手にして、現在は東海大学医学部に合格して医師の道を志す寺田光輝氏との異色対談。前編では寺田氏がプロ野球の世界に身を置くまでについてトークが繰り広げられたが、後編は厳しいプロの世界、現役引退後に医師を目指すことになったきっかけについて語ってもらった。

DeNAから6位で指名されて入団するも、2年で戦力外となった寺田光輝氏DeNAから6位で指名されて入団するも、2年で戦力外となった寺田光輝氏 この記事に関連する写真を見る 石川 2017年にドラフト6位で横浜DeNAベイスターズに入団され、晴れてプロ野球選手になってからも、寺田さんのプロ生活はずっとケガとの戦いだったとお聞きしました。

寺田 はい。でも本当はプロ入りの前に独立リーグの最後の試合で足をケガしていたんです。右足の肉離れですね。ただ、僕の立場として26歳で独立リーグから入団ですから、即戦力としての働きが求められるわけです。

石川 そうなると、入団早々『ケガをしているのでちょっと待ってもらっていいですか』とはなかなか言えませんよね。寺田さんもやはりケガを隠されてプレーされていたんですか?

寺田 そうですね。ただ、隠そうと思っていても明らかにトレーニングの動きがおかしかったみたいで、すぐにバレました。ただ、プロの選手はみんな、うまくケガとつき合いながら試合に出ています。僕も足のケガをかばいながら練習をしていたんですが、その負担が腰にきてしまったようで、ある日ボールを投げたらバキッと。"椎間板ヘルニア"で手術することになってしまいました。

石川 それは大変でしたね。ヘルニアは手術して完治したんですか?

寺田 しびれは完全に取れたんですけど......慢性的な腰痛は全然治らなくて。正直、今もまだ痛いです。ただ、手術前は野球どうこうより日常生活が送れるレベルではなかったので、普通の動きができることがすごくうれしかったんです。リハビリも頑張ってオフには練習もできるようになって、2年目に向けてモチベーションもすごく上がっていたんです。