2021.08.18

楽天・早川隆久の驚くべき投球理論と言語化力。「すごくマニアックな話になりますよ」

  • 中島大輔●取材・文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Jiji Photo

楽天・早川隆久インタビュー@前編

 パ・リーグの新人王候補筆頭に挙げられ、大卒1年目からふたケタ勝利を期待されるなか、楽天の早川隆久は今季前半戦だけで7勝を挙げた。ただ、昨秋に4球団からドラフト1位指名された逸材は、非凡さを示した反面、ここまでの自己評価は決して高くない。

「シーズンを通して先発ローテーションを守ることを目標にしていました。前半戦の最後に離脱したので、もう達成できないことに悔しい思いがあります。数字的に見ればある程度勝てていますが、内容が伴っていませんし」

前半戦で7勝をマークした楽天のルーキー早川隆久前半戦で7勝をマークした楽天のルーキー早川隆久 この記事に関連する写真を見る  前半戦の成績は、13試合に先発して7勝3敗、防御率3.39。規定投球回数には満たないが、単純に防御率だけを見ればリーグ6位と7位の間に入る数字だ。

 客観的には及第点以上に見える。だが、毎試合クオリティスタートを達成すれば防御率3.33になる計算で、わずかに達していないことが辛い評価の一因だという。

 さらに6月25日、疲労を考慮されて登録抹消となり、プロ1年目に描いた目標は未達となった。

「前半戦を通して緊張感がありました。空元気(からげんき)がなかなか出てこなかった、というのが正直なところです」

 マウンド上でベテランのような落ち着きを誇るスーパールーキーだが、初めて挑んだプロの舞台だ。神経を尖らせ、疲労が蓄積されていったのだろう。

 一方、開幕3戦目に抜擢した石井一久監督は持てる力を発揮させるべく、起用法を配慮した。登板日を毎週日曜に固定し、調整しやすくしたのだ。チームが首位争いを繰り広げる6月下旬、少し早い"夏休み"を与えたのは後半戦を睨んでのことだろう。

 勝負のシーズン終盤、新人左腕の力が不可欠になる。そう想像できるくらい、早川は際立つ投球を見せた。とりわけ光ったのが、修正力だ。

 開幕を約3週間後に控えた3月7日、中日とのオープン戦では"プロの洗礼"を浴びた。

 4回までに72球を要して、被安打8、失点3。打ち込まれた最大の要因は、スライダーを投げる時に腕の振りが緩むクセを見抜かれたことだ。中学生の頃から指摘されてきたが、どうしても直せない課題だった。