2021.08.18

ジャイアンツの勝利の「ヴィーナス」11名。ファンを魅了するチャームポイントは?

  • スポルティーバ編集部●構成 text by Sportiva
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

プロ野球を彩る球団チアリーダーたち
第8回 読売巨人軍公式マスコットガール「VENUS」第2弾!

「VENUS」の第一弾はこちら>>

プロ野球の試合をスタンドやグラウンドから盛り上げる各球団のチアリーダーたち。メンバーたちの華麗でハイレベルなダンスに釘づけになるファンも多いはず。この企画では、球団チアリーダーたちにインタビュー。8回目は、読売巨人軍公式マスコットガール「VENUS(ヴィーナス)」の第2弾。第1弾で紹介しきれなかったメンバー11人に話を聞いた。

宮川 麻衣子さん宮川 麻衣子さん この記事に関連する写真を見る
●宮川 麻衣子 Miyagawa Maiko 4年目 リーダー 
出身地:東京都 身長:160センチ

ーー今シーズン前半で印象に残っていることは? 
「6月23日、富山での横浜DeNAベイスターズ戦です。山口俊投手の日本球界復帰戦であり、丸佳浩選手は1試合2本の本塁打を打つという盛りだくさんな試合でした。VENUSも今季初の遠征で現地の方々と勝利を分かち合えました。グラウンドから見えるタオルを掲げる姿や愛のある拍手に胸がいっぱいになりました」

ーーVENUSに入ってよかったと思う瞬間は? 
「毎シーズン初めてグラウンドに立つ時に思います。今年も始まったなといううれしさと感謝、言葉では表わせないくらいたくさんのエネルギーが湧いてきます。シーズン中にその時に感じた想いを忘れないよう、メモを残してたまに見返しています!」

ーージャイアンツの好きなところは? 
「感情が豊かな選手が多いところです。試合での真剣な姿と、練習や休憩中に見せる笑顔や和やかな表情のギャップも注目ポイントです。選手の方々を見ていても笑顔は最大のエネルギーの源だなと感じます」

ーー自分のチャームポイントは? 
「癒しボイスです。MCの時もたくさんの人に伝わる声や話し方を意識し、多方面からVENUSのことを知ってもらいたいと思っています。メンバーからも『お母さんキャラ』と言われているのでマイナスイオンをたっぷりと愛情込めてチームを引っ張っていきます!」

ーープライベートでハマっていることは? 
「自家製グラノーラです。料理やお菓子作りが好きでお休みの日は一日中キッチンに立っている日もあります。最近はオートミールでレーズンやココナッツ、ココアなどをブレンドして自分好みのグラノーラを作っています。豆乳で作ったヨーグルトとの相性も抜群です!」