2021.05.12

ジャイアンツを熱くするチアリーダーたち。「女神」は東京ドームで闘魂込めて舞う

  • スポルティーバ編集部●構成 text by Sportiva
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

プロ野球を彩る球団チアリーダーたち 
第6回 読売巨人軍公式マスコットガール「VENUS」

プロ野球の試合をスタンドやグラウンドから盛り上げる各球団のチアリーダーたち。メンバーたちの華麗でハイレベルなダンスに釘付けになるファンも多いはず。この企画では、球団チアリーダーたちにインタビュー。6回目は、読売巨人軍公式マスコットガール「VENUS(ヴィーナス)」。パフォーマンスに込める思いやプライベートの趣味などを聞いた。

冷牟田花恋さん冷牟田花恋さん この記事に関連する写真を見る ◆冷牟田花恋さん Hiyamuta Karen 4年目 サブリーダー
出身地:茨城県 身長:150センチ

ーーヴィーナスに入ろうと思った理由は? 
「チア歴11年の間には、楽しい経験だけではなく厳しい経験もしてきました。厳しさから解放されたくてチアを離れた時期もありました。ですが、大好きなチアを完全に忘れられず、もう一度チアをできる場所を見つけたいと思った時、キラキラしているヴィーナスに出会いました」

ーー実際にメンバーになって感じるやりがいは? 
「ジャイアンツが勝利し、選手やファンの皆さんと一緒に喜びを分かち合うときは特にやりがいを感じます。今シーズンはサブリーダーを務めているので、チームをまとめるために大変なこともありますが頑張っています!」

ーージャイアンツの好きなところは? 
「プレー中の一生懸命な姿と、『ズームイン!!サタデー』の『プロ野球熱ケツ情報』で見せる素の部分とのギャップがとても好きです。またジャイアンツの選手は髪型や髭などの身だしなみがジェントルマンなところが素敵だなと思っています」

ーーパフォーマーとして心掛けていることは? 
「常に最高の笑顔で、見ているすべての方々に元気や勇気、笑顔を届けられるようパフォーマンスしています。長年習っていたチアのコーチに教えていただいたことで、今もその教えを胸にパフォーマンスしています」

ーー自分のチャームポイントは? 
「ふんわりとした雰囲気とダイナミックなアクロバットとのギャップが私の魅力のひとつだと思っています。また、嫌なことはすぐに忘れられる性格です」

ーープライベートでハマっていることは? 
「紅茶やハーブティーにハマっています。紅茶は家で飲むことが多く、その日の気分によって甘い香りにしたり、すっきりした味にしたりするのが、至福の時間です。ハーブティーはボトルに入れて持ち歩くことが多いです。黄色・紫色・青色・オレンジ色があって見た目が可愛いので気分が上がります」

ーーファンへのメッセージをお願いします。 
「今シーズンもアクロバット担当としてジャイアンツに勢いをつけられるように頑張ります。コロナ禍でまだまだ不安な時期ではありますが、皆さんの応援が必要不可欠です。私たちと一緒にリーグ3連覇、日本一へ向けて共にかけ抜けましょう!」